20代ベンチャー社員のライフハック
ライフスタイル

ビジネスマンほど、朝に筋トレを行ったほうが良い7の理由

ビジネスマンほど、朝に筋トレを行ったほうが良い7の理由

ほぼ毎朝筋トレをしている、たむすぐ。です。

ここ最近周りのビジネスマンの間で、筋トレが流行っており、筋トレ×ビジネスに関する本もたくさん出版されています。

そういう僕もそういった方々からの話や本を読んだ結果、筋トレをすることになり、ほぼ毎日筋トレを実施しています。

そこで今日は、そんな筋トレをビジネスマンこそ”朝”にやったほうが良いというメリットにフォーカスして書いてみます。

①朝は予定に左右されない

どんなに忙しいサラリーマンでも、朝は空いていることが多いでしょう。
朝活として、朝の時間を筋トレに当てているサラリーマンも増えてきます。
朝は、出勤する1時間ほど早く起きれば、筋トレに時間を当てることができます。

また筋トレは、一過性のものではなく、継続して積み上げていく代物です。
体がたるんできたので…、運動をしていないから…、と最初はモチベーション高く行動していたもの、継続しない方が多いです。

その最大の理由は、時間の確保です。

夕方に筋トレをしようと思っていたものの、当日何かと予定が入ってしまい、まぁ明日やればいいだろう、次の日もあるさ、と先延ばしにいつの間にかやらなくなった、人はたくさんいます。

朝は、誰でも時間を作ることができます。
なので、自分に言い訳をすることはできなくなりますね。

②習慣化しやすい

誰しも、決まった時間にやることってありますよね?

例えば、お昼を食べる、歯を磨く、読書をする、など。
いわゆるルーティーンワークとして、筋トレを朝に組み込むと、習慣化しやすくなります。

習慣化するまでの期間は90日~105日と言われていて、その期間継続すると、意識せずとも習慣化するようになると言われています。

習慣化を阻害するのは、外的要因です。

友達からの誘い、上司からの依頼など、自分でコントロールできない範囲ですね。
しかし、朝は日中と比べ、外的要因から邪魔されることは、かなり少ないです。

③ジムが空いている

ジムを契約した人ならわかると思うのですが、夕方から夜にかけて、ジムはピークになります。

つまり人がたくさんいるため、使いたい器具が他の誰かが使っていることなんて日常茶飯事です。

そうなると、使いたい器具を待ったりするロスの時間が生まれるため、必然とダラダラと筋トレを取り組むことになります。はっきり言って、生産性はだだ下がりです。

その点、朝はかなり人が少ないです。

朝9時時点でも、午後の時間と比べれれば、かなり少ないです。
6時・7時台は人が全然いないので、トレーニング環境として最高です。

人が少ないので、使いたい器具をスムーズに使うことができ、短時間で濃い筋トレを行うことができます。

④精神的衛生的に◎

一定のリズムで早起きするようになるので、体内リズムが整います。

そうすると、自律神経も整うため、様々な要因から健康的になっていきます。

遅くまで起きていて、朝ギリギリまで寝ていたときの生活と比べ、健康体になりました。 風邪をひきにくくなったし、日中の仕事中の時間もスッキリしています。

また朝から運動をすることにより、スッキリした気持ちで一日をスタートできるのは、かなりメリットな気がします。

⑤朝の活動は代謝をUP!痩せやすい体に。

通常起きてから代謝が徐々に上がっていくのですが、朝に運動を行うことにより、一気に代謝が上がります。

その後、日中もほとんど変わらず、代謝が高いままキープすることができるので、結果痩せやすい体になります。

健康体を維持するにあたり、今太っている人は、痩せることがとても大事です。

そして痩せるためには、様々な手法(食事制限、有酸素運動など)がありますが、コアの部分で言うと、代謝を上げるしか近道はありません。
なので、朝から運動を行うことはとても良いのです。

⑥朝シャワーを浴びれる

朝シャンのメリット・デメリットは様々な論文がありますが、最近の傾向を見ると、睡眠を行ってから約7時間ほど頭皮がべたついた状態と言われています。

その状態で日中を過ごすことになると、衛生上あまり良くないですね。
また寝癖などもつき、なかなか直せないレベルのときもあるかと思います。

その点、朝に運動をすることにより、シャワーを浴びる口実もできますし、汗も流してスッキリした状態で会社に向かうことができます。

ただ、注意したいのが、シャンプーを行うと過剰に頭皮の油を流してしまうことになるため、逆に肌荒れの原因になるそうです。
なので、お湯だけでの洗髪をおすすめします。

⑦夜の付き合いを考えるようになる

朝筋トレを行うようになると、睡眠時間を確保するようになるため、必然と夜の付き合いを考えるようになります。

振り返ると、なんとなくでついていってしまった2次会やダラダラ終電まで飲んだ経験ありませんか?
仕事の付き合い上、飲みや食事はとても大事ですが、とはいえ無駄な付き合い時間もあります。

その時間を減らすように考えると、必然とコミュニケーションの質も上がりますし、関係性もより濃密になります。

こちらの意図を伝えたのにもかかわらず、無理やり誘ってくる人はビジネスマンとしてもNGな人が多いので、見切ることをおすすめします。

そもそも自分の24時間という限られた時間をマネジメントできない人は、仕事ができない人と思われる分類に入ると思いますので、意思を持って実行しましょう。

まとめ

朝に筋トレを行うメリットを7つまとめてみました。

ジムを契約したけど…、器具を買ってみたけど…、忙しくて…、となかなか続かないビジネスマンこそ、朝に筋トレをしてみてください。すごくおすすめです。

ただ、本来筋肉のパフォーマンス的に最高な時間帯は、夕方ごろなんですが、とはいえ、筋トレは継続して行うことが最重要です。

なので、朝実行することが大事かと思われます。 その点を考えると、朝の時間を有効活用してはいかがでしょうか。